Feature

特徴

一人一人の個性を大切にするバレエ教室

「私はバレエに向いていない」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。
うるはなれっかに言わせてもらえば、バレエに向いていないのは「バレエが好きではない」という人だけです。
バレエが好き、踊ることが好き、表現することが好きなのであれば、あなたは必ず「バレエに向いています」。
骨格や身長、生まれ持った性格は人それぞれ。一握りのバレエに適した骨格の持ち主だけが一流のダンサーというわけではありません。
自分の感じる引け目やコンプレックスは必ず武器になります。コンプレックスがあるからこそ、努力ができるのです。努力は立派な才能です。
そして体は変化します。正しい使い方、ケアで少しずついい方向に変化していきます。自分の力だけでは難しいことも、講師がアジャストしながら生徒の可能性を最大限に引き出します。

身体で表現する楽しさを学べる教室

Feature 01

バレエは言葉を使わずに身体の動きで表現します。喜びや悲しみ、怒りといった感情を体で表現することの奥深さ。
表現をするためには適切なバレエテクニックを磨く必要があり、日々のレッスンの中で、バーレッスンの一つから、音に合わせたリズム感や表現を導き出す指導を行います。無表情で日頃のレッスンをしていながら、舞台でいきなり笑うなんで無理な話です。オーディオから聞こえるクラシックの音楽。ワルツやアレグロ、それぞれの曲に合う体の動かし方を意識し、舞台で生かせるレッスンを行います。

自分自身と向き合えるレッスンを提供

Feature 02

バレエは芸術です。テクニックだけで人を感動させることはできません。最後に必要になってくるのは「自分自身の表現力」「踊り心」。
表現力や踊り心も生まれ持った人だけが使えるものではなく、必ず湧き上がってくることができます。
身体だけではなく、心や精神もバレエには大切な要素で、内面は踊りに現れます。踊りは自分を映す鏡です。人の心を動かすような感動を与えることができるのは、高いテクニックや美しい容姿だけではなく、内面も重要です。
素直な美しい心で学び、自分の気持ちをコントロールし、日々成長していくように導くのも大切なバレエのレッスンです。ケアバレエヨガに精通する講師が、呼吸や心身の自己コントロールを用いながら、内面からにじみ出る美しさを兼ね備えたダンサーをはぐくんでいきます。

京都初!ケアバレエヨガのレッスン

Feature 03

バレエ教室だけではなく、ケアバレエヨガ教室も行っています。ヨガもバレエも未経験の方、是非お越しください。
身体を動かしてみたい方、スタイルアップ、健康維持、美容、心地いい疲労感から最大限のリラックスへ。
身体だけではなく、心の疲れ、頭の疲れも回復し、一日のご褒美、明日への活力にされて下さい。
2024年1月開講のスタートメンバーの募集は「ヨガなんてやったことがない」「バレエに興味はあるけれど、できるか不安」「ブランク10年以上」という初心者様限定での募集です。
ヨガやバレエの経験者様の募集は初心者様が安定してきたら募集します。
誰にも気を使わずに、自分自身と向き合うケアバレエヨガ。
心も身体も回復し、「今を生きる」自分を大切にする贅沢な時間を、京都宇治市の落ち着いたスタジオで過ごしましょう。

オーダーメイドバレエ衣装制作

Feature 04

Atelier麗花烈花として築いてきたバレエ衣装製作。オーダーメイドのご予約可能です。
オリジナリティーの高いデザインで、印象的に美しく、コンクールにおいても高評価を頂いております。
国内最大規模のバレエコンクールには年間製作衣装のほとんどが出場。ほとんどのお客様がリピーター様。本当にありがたい限りです。
数は多くはありませんが、レンタル衣装もございます。
年内のご予約は例年3月にはほぼ埋まってしまいますので、お早めにご相談ください。

バレエを頑張る子供に何かしてあげたいという保護者様へ

Feature 05

バレエは保護者様のお力添えなしには成功できません。毎日送迎している間に・・・コンクールについていく間に・・・保護者様もバレエが大好きになるなんてこともよくあります。
毎日へとへとになるまでバレエを頑張る娘に何かしてあげたいけど・・・
そんな保護者様にピッタリな衣装製作レッスン。

ご自身の手でお衣装を作り上げるサポートを致します。
講師自身が同じ気持ちで衣装づくりを始めたので、洋裁の経験がなくても、回数を重ねるごとに上達していきますのでご安心ください。
自分の作った衣装で舞台に立つ子供の姿を見ることができる幸せを是非経験してください。
過去に自分もバレエをしていた保護者様あるあるで、「つい子供の踊りに口出ししてしまう」のは、ご自身もバレエが大好きで、もっとバレエに触れていたかったからだと思います。
もう踊ることはできなくても、新しい方面でバレエ衣装製作としてバレエに触れることだってできるのです。衣装を作り始めて、没頭していくうちに、子供に口出ししなくなったという声もあります。
バレエが大好きな気持ちを「大人だから」「もう踊らないから」なんてあきらめなくていいんです。バレエは踊ることだけがすべてではありません。一緒に楽しく衣装を作りましょう。
Related